新曲情報 新着情報 新譜情報

MSS Sound System 新作アルバムよりMV公開

投稿日:

 

 

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32980870

特設サイト

https://www.time-warp-love.net/

 

MSS Sound Systemは2018年4月1日(日)20時、新作アルバムから楽曲 "Killing me softly" のMVをYoutubeとニコニコ動画に投稿した。Vocalはシンガーソングライターのしろろ。

本アルバム「Time warp love」は全15曲すべての楽曲のVocalにしろろを迎えた作品である。
現在Spotifyその他のストリーミングサービスで既に全曲試聴が可能。2018年4月29日(日)に行われる春のM3にてCD版リリース。価格は2000円。また先行リリースとしてDL版を4月27日(金)にリリースする。Bandcampは18$、Boothは2000円、CDとはジャケットイラストが異なるバージョンでのリリースである。その後4月30日(月)にはdiskunionでの発売も決定している。

MSS Sound SystemはVocaloidを使用した楽曲のクリエイターの中でもHIPHOPを全面に打ち出した作風で知られる。代表作は「耳なりはフェンダーローズ」。2014年にはレーベルGINGAによるV.A.「0005:a galaxy odyssey」にも参加。また2014年に発表された松傘「エイリアン・エイリアン・エイリアン」のトラックメイキングを担当。2015年に発表された「初音ミクの証言」にも参加をしている。

2013年の彼の登場以降、VocaloidのアンダーグラウンドシーンではHIPHOPのクリエイターの活動が活発になることとなった。また彼は活動拠点をニコニコ動画に限定せず、Vocaloid楽曲制作者としては早期の時点でネットレーベルやBandcampを駆使したリリースを行ってきた。彼の登場はVocaloidの世界において「サンプリングによる楽曲制作」「HIPHOP」「ニコニコ動画外への越境」という、少なくとも3点においてエポックメイキングであった。

2015年春のM3には緊急ゆるポート、k■nieとともにカセットテープのコンピレーションアルバム「Ulitmate YURU breaks」を頒布し話題となった。Vocaloid楽曲のカセットテープでのリリースというと2017年の『MIKU’S TAPE -10th Anniversary Edition-』が有名だが、より早期にカセットテープに目をつけたのは彼ら三人であった。外部の音楽文化と時差があるニコニコ動画、そしてVocaloidの世界にリアルタイムで輸入と輸出を繰り返す存在、それがMSS Sound Systemである。

その彼が3年ぶりに新作アルバムをひっさげてM3に参加をする。彼は本作品にふさわしいボーカリストとして、Vocaloidではなくシンガーソングライターのしろろを抜擢。儚げなウィスパーボイスが特徴的だ。彼はサンプリングによる楽曲制作のイメージが強いが、本作品はサンプリングを一部に留めた、初のフルDTM作品でもある。楽曲 "Killing me softly" もまたフルDTMで作られている。サンプリングにこだわり続けた彼が導き出した、「DTMでなければできないこと」「しろろによるボーカルでなければできないこと」とは何か。わたしたちは自分のその耳で確かめるべきである。常に先の世界を見続けた彼の渾身の一枚。同人、インディーズ、アンダーグラウンドを越境し、音楽の歴史に必ずや爪痕を残すこととなるであろう。 "Killing me softly" を聴いたわたしはそう確信している。

なおこの文章は本人が書いている。

(※2018年4月29日(日)M3春 東京流通センター 第一展示場 M-01a,bにてお待ちしております。)

-新曲情報, 新着情報, 新譜情報

Copyright© 『News Speaker』自主制作音楽・ボイスドラマのニュース投稿サイト , 2018 All Rights Reserved.